流行の色が似合わない?それは色があってないのかも。パーソナルカラー診断のススメ。

Pocket




みなさんはご自分のパーソナルカラーをご存知でしょうか?

簡単に言うと自分に一番似合う色のことです。

似合う色といっても、赤が似合う青が似合う、という単純なものではありません。

また似合う色=好きな色でもありません。

今回は、パーソナルカラーとはどんなものなのか、以前パーソナルカラー診断を受け時の結果と、それが今にどう活きているかを書いていきたいと思います。

 

パーソナルカラーとは

パーソナルカラーとは、その人が生まれ持った色(肌・瞳・髪・頬・唇など)と、顔立ち含めた雰囲気が調和したその人に最も似合う色のことです。

 

「この色は好きなのに、着ると何だかぱっとしない・・」

「この服を着るとクマが目立って見える気がする・・」

 

自分のパーソナルカラーを知らなくても、こんなことを思ったことがある方は多いかもしれません。

 

似合う色を身に付けると

自分のパーソナルカラーのものを顔周りに身に付けると

  • 肌の透明感が増して、顔色が明るく見える
  • 血色良く見えるので、シミや皺が目立ちにくくなる
  • フェイスライン等、顔立ちがすっきり見える

等、いいことずくめ。

逆に似合わない色を顔周りに持ってくると、顔色がどんよりして見えるなど

ちょっと色を変えるだけで全然印象が変わって見えるのです

 

特に服のトップス、コスメやヘアカラー、首周りのアクセサリー等は

その人が持つパーソナルカラーによって、

とても明るく見えたりくすんで見えたり、映える色になったりと見え方が変わります。

 

とはいえ、それくらいパーソナルカラーは見た目に大きな影響を与えるものなのです。

 

カラーは4つの季節で表現される

パーソナルカラーはスプリング(春)、サマー(夏)、オータム(秋)、ウィンター(冬)の4つのグループを基準に判断していきます。

それぞれのシーズンによって、似合う色や雰囲気が異なりまるす。

 

各シーズンのイメージ

  • スプリング(春):明るく若々しくフレッシュ。可愛らしい人
  • サマー(夏)  :透明感のある上品な雰囲気。清楚な人。
  • オータム(秋) :ゴージャスな大人。華やかな雰囲気
  • ウィンター(冬):クールでミステリアスな雰囲気。きりっとした人。

 

各シーズンの色味

  • :黄味がかった色(イエローベース)で、明るくクリアな明度高い色
  • :青みがかった色(ブルーベース)で、パステルカラー等の明るいけど彩度の低い色
  • :黄味がかった色(イエローベース)で、彩度低めの落ち着いた深みのある色
  • :青みがかった色(ブルーベース)で、原色等の鮮やかな彩度の高い色


<スポンサードリンク>

 

パーソナルカラー診断方法

自分のパーソナルカラーがどの色なのかを調べるには、パーソナルカラー診断というものを受けます。

ネット上にも簡易診断できるサイトはたくさんありますね。

自分のパーソナルカラーの傾向を知る為だけならいいですが

やはりちゃんとしたパーソナルカラー診断サロンに行った方が、客観的に似合う色がどれかを診断してもらえて

詳細な似合う色やアドバイスももらえるのでおすすめです。

 

パーソナルカラー診断の流れ

パーソナルカラーの診断は、

肌の色、瞳の色、髪の色、唇の色、頬の色、顔の骨格等

それらを複合的に捉え、最も似合う色群を見つけ出していきます。

 

パーソナルカラーの診断方法は、サロンによって多少異なると思いますが、大体はこの流れのようです。

 

①まずは4シーズンの説明

肌・瞳・髪の色を診断

診断用のツール(何種類かの肌色やピンクの色が並んだシート)を実際に顔に当ててこの色!というのを探り当てていきます。

カラードレープ(色の布)を顔の下にあて、似合う傾向を探す

何百枚とあるドレープの束を、パッパッと変えながら、一瞬でこの色は合う合わないというのを判断していきます。(もちろん診断士の方が)

④最も似合う色、似合わない色を探していきます

この時点で自分が何のシーズンなのかはわかっていますが、似合う色だけでなく似合わない色も探し出してくれます。

似合わない色もわかっていた方が、今後に役立つのでいいですよね。

⑤パーソナルカラーにあったメイク

⑥アドバイス

 

一番のメインはやはりカラードレープ。

その色が合う合わないは一瞬でわかるようで、本当に一瞬でドレープを変えて、どんどん次の色をあてていきます。

 

この時、鏡を見てドレープの色が変わっていくのをただ眺めているのですが

本当に似合わない色の時は、顔全体がくすんでクマも目立って見えてしまうのです。

逆に似合う色の時は、ドレープを変えただけなのにポッと頬が上気したようになり、肌艶も良く見えました。

って不思議だなと思った瞬間でした。

 

 

私の診断結果

診断を受けて分かった私のパーソナルカラーは、

Basicシーズンがスプリング

Hiddenシーズンがウィンター

という結果でした!

 

つまりメインはスプリングの色群が似合うけど、ウィンターの一部の色も似合うということでした。

この結果のように、パーソナルカラーのシーズンは必ずしも一つではなく、

一番似合うのはこのシーズンの色群だけど

このシーズンのこれ系の色も似合う

というように似合う色がシーズンをまたがる場合もあります。

それらを全て、診断の中のドレープで探し当てていくのです。

 

一番似合う色

診断では一番似合う色と、NGな色を教えてくれます。

 

私の一番得意とする色

ピーチピンク、コーラルピンク、ブライトオレンジ、ベージュ

 

逆にNGな色

テラコッタ、ミントグリーン

 

スプリングなので、全体的に明るい色でオレンジ系の色が多く上がっていました。

そしてミントグリーン好きなのにNGカラーで出てきてしまいました・・

テラコッタもオレンジに近い色ですが、少し暗めの色なのでNGなのでしょう。

 

色のOKNGもこれだけでなく、

赤ならコーラルレッドはBEST!ローズピンクはNG

青ならティファニーブルーはOK!パウダーブルーはNG

白ならクリーム色はBEST!純白はNG

というように、結果には細かく記載されていました。

 

 

何故2シーズンだったか(私の場合)

これは私の場合ですが、

顔立ち的にはスプリングだけど、髪色(この時はほぼ黒)で一部ウィンターも合う

というのが2シーズンの理由でした。

髪色が明るい茶色だったら、スプリングだけだったかもしれません。

 

昔から似合わない色あった

以前はパーソナルカラーのことを知りませんでしたが、

昔から似合わない色がある、というのは自分でもわかっていました。

 

例えば

  • 真っ白い蛍光灯のような白は似合わず、少し黄みがかったアイボリーやベージュの方が似合う。
  • パステルカラーは似合わない。
  • ミントグリーンは好きだけど、何かいまいちキマらない。
  • 同じピンクでも、青みがかったチェリーピンクは似合わないけど、コーラルピンクは評判がいい

といった感じです。


<スポンサードリンク>

生活にどう活かすか

パーソナルカラーがわかり、自分に似合う色がわかりました。

そんなに自分の好きな色と大きくズレてもいなかったので良かったですが、

これが全く違っていたら、持っている服全て見直しをするところでした。

 

診断以降は、買い物に行く時も事前に似合う色シートを見て

この色が一番似合う、この色も顔色良く見えるというのを確認してから行くようになりました。

 

似合わないものは選ばない?

このパーソナルカラーに合わないものは買わなくなったかというとそんなことはありません。

このカラーが大きく影響を与えるのは顔周りにその色がある時なので、

どうしてもオータム系の色の服が着たい!欲しい!となった時は、

少し首元があいてる服にするとか、ボトムスに持ってくるとか、

首周りにストールやアクセサリーで似合う色を持ってきて着るとか

そんな工夫をすればどんな色でも着られます。

 

結婚式の衣装選びでも活用

パーソナルカラー診断は20代半ばに受けたのですが、

似合う服の形やメイクは年齢で変わっても、パーソナルカラーはほぼ一生変わることはありません。

なので、20代の時の結果でもずっと使えるのです。

 

結婚式という人生の一大イベントの衣装選びでもこのカラーは大活躍でした。

似合わないだろう色のものも着てみましたが、やはり似合いませんでした。

 

ただ、予想外だったのは

似合うはずのウィンター原色があまり似合わなかったのです。

全く駄目ではなかったけど、ちょっといまいち。

 

私は和装だったので、髪もきっちりまとめて花飾りをつけた状態での試着でした。

ウィンター診断の大きな要因だった髪の毛があまり顔周りにない状態だったんですね。

なので、顔立ちのカラー、スプリングがより強調されて、

ウィンターカラーがいまいちに見えていたのかもしれません。

 

 

おわりに

パーソナルカラーについて書いてきましたが、私は専門家ではないので詳細なところまではわかりません。

ですが、色の持つ力や、似合う色似合わない色だと全く印象が異なることが

素人の私にもはっきりとわかりました。

 

このパーソナルカラーの色だけを取り入れるのではなく、

似合う色も似合わない色も取り入れ方は教えてもらえるので、

いろんな色を楽しみつつ、

ここぞという時の服選びはパーソナルカラーを意識したりして、日常に取り入れて楽しむことができます。

 

気に入って買ったけどなんか似合わなくて全然着ない・・

という無駄遣いも減った気がします。

 

パーソナルカラーは第一印象にも大きく影響するので、

自分の得意な色を知っておくと婚活や合コン等でも役立つと思いますよ!

 


<スポンサードリンク>

あわせて読みたい