【婚活】エクシオで婚活パーティデビューのレポ(後編)

Pocket


 

(前編:婚活パーティデビュー、開場前~プロフィール記入~1回目のトークタイム)

 


<スポンサードリンク>

 

 

アプローチカード

1回目のトークタイムが終ったら、休憩を兼ねてアプローチカードを書く時間になります。

気になった人にアプローチカードというメッセージカードを渡すことができます。

たしか3人にまで渡せるようになっていて、フリー記入なので

「話してみて好印象で気になりました」

「2回目のトークタイムでまた話しましょう」

「気が合いそうだと思ったので、もう少し話たい」

といった感じのことを書き、

あなたのことが気になっています

ということを伝えます。

 

2回目のトークタイムはフリートークなので、必ずしも気になった人と話せるとは限りません。

なので少しでも話す機会を得ようと、この中間投票でのアピールが大事になってきます。

 

パーティによって異なるかもしれませんが、このアプローチカードは持ち帰ることができます。

パーティの最後でカップルになった人以外は、

連絡先を交換したり、後日話をしたりする機会というのはありません。

なので、どうしても連絡先を渡すだけ渡したい!少しでも可能性を増やしたい!という人は

このカードに連絡先を記入して渡しているようです。

アプローチカード以外で連絡先を渡すとスタッフの方に注意される可能性がありますのでご注意ください。

 

実際、私もアプローチカードかなりの枚数を頂きましたが

殆どにメールアドレスやラインIDが書いてありました。

後日連絡をすることはありませんでしたが、熱意は伝わってくるような気がして、

カードを頂いた方との2回目のフリートークは、ちょっとだけ話しやすさが増した感じがしました。

 

 

2回目トークタイム

2回目は1回目とは違い、フリーのトークタイムでした。

フリーと言っても、1対複数人で話をするのではなく、あくまでも1対1。

自分で気になった人に声をかけて話をします。大体3~4人と話が出来ます。

このフリータイムは1回目のトークよりも一人当たりの時間が少し長めにとってあるので、

表面的な話しかできなかった1回目よりも少し深い話をすることもできます。

トーク力の腕の見せ所なので、営業職の方はここでのアピールがきっと上手だと思います。

 

自分の気になった人に声をかけて・・と書きましたが、

基本的に早い者勝ちの上、男性が素早く動くので女性は殆ど動けないと思っていた方がいいです。

 

実際フリートークタイムが始まったとたんに、わっと男性陣が動き出し自分の前の席がすぐ埋まってしまいます。

座られてしまったら「あなたとは話したくありません」とも言えず(言ってもいいのかもしれませんが・・)

話したい相手を選ぶことも出来ません。

2人目の人とのトークタイムになっても同じで、

結局女性はずっと同じ席に座ったままで素早く移動してくる男性と話をする、という感じでした。

 

私はこういう時自分から動きたいタイプなのですが、一歩も動くことが出来ず

受け身の女性にとっては楽だけど、

なんだかなぁ…と思いました。

それと同時に、婚活の場に来ると男性も「自分草食なんで…」なんてことは言ってられないので、

かなり積極的にきていて、

ある意味これが本来の恋愛の姿か…なんて思ったりしました。

 


<スポンサードリンク>

 

このトークタイムでは、1回目トークタイムで気になったワードから話を膨らましていくのですが

既に1回目に何を話したか、この人は何をやっていたかなんて覚えていないので

私はただの雑談をしていました。

それがいいのか悪いのかはわかりませんが、普通の会話が続かない人は相性も良くありませんので

あくまでも自然な会話をするように心がけていました。

普通の会話が普通に楽しめる

これは自分の中での判断基準の一つでした。

 

参加した回は、男性が3人くらい余る男女比だったので、あぶれてしまった男性は空いた席に座ってその時間が終るのを待つしかありません。

ただその時の姿勢もしっかりと見られていると思った方がいいです。

たった数分でも、だらしなく座ってスマホをいじってる姿や、周りの女性をじろじろ見てる姿を見てしまうと

この人は「なし」と思ってしまうので、

話す相手がいなくてつまらなくても、普通に静かに座っているのが一番印象いいなと思いました。数分ですし。

 


<スポンサードリンク>

 

最終投票

1回目、2回目のトークタイムが終了したら、最後に最終投票です。

第1~第6希望まで、気に入った人の番号を記入します。

全部埋めてもいいし、気に入った一人だけでも、記入しなくてもOKですが、

少しでもいいなと思ったらなるべく書いてくださいという風にアナウンスがあります。

(婚活主催者側からすればカップルになる率を少しでも上げたいですからね)

 

私はこの回では特にこの人!という人もいなかったので、

2回目トークタイムに来てくれた方、何となく話が盛り上がった方を数人記入しました。

因みに第一希望には、2回目トークタイムでも話をして

「あなたを第一希望に書きます!」と言ってくれた方がいたのでその方の番号を書きました。

選ばれないよりは選ばれる方がいいかな、くらいの気持ちでしたが、

ドストレートのアピールは結構効果があるのだなと思いました。

 

なので、婚活の場は皆さん遠慮せずにどんどんアピールしましょう。

そのひと押しが成功の鍵になるかもしれません。

 

カップル発表

最終投票の集計が行われ、カップルになった参加者の番号が発表されます。

カップルは必ずしも第一希望同士がなるのではないので、何となく第6希望に書いた人とカップルになってしまう可能性もあります。

 

私は先に書いたように、「第一希望に書きます」と言ってくれた方が本当に第一に書いてくれたようで

無事カップルとして番号が呼ばれました。

参加した回では、参加者40名ほどのうち7組くらいカップルが出来ていたと思います。

結構カップルになれる率は高いのかなという印象でした。

第6希望まであるのでこんなものでしょうかね。

 

終了後はカップルになった人達が先に退出して、

その後、女性が退出(防犯上女性が先に出る)して、最後に男性が退出します。

 

私も友人もカップルになったので、帰りは別で、

それぞれカップルになった人とお茶をして帰りました。

 

この人がいいと思って選んだ訳ではなかったので、正直そこまで楽しくはなかったですが

普段の生活の中にはいない人との会話はとても刺激になって面白かったです。

私がカップルになったのは慶応大学卒、某大手商社に勤めていて、英語は堪能、1か月の半分は海外出張に行っているような人でした。

中東の写真などを見せてもらったりと、普通の会話をして帰ってきました。

(今思うとこの条件だけ見たら相当怪しいですね。嘘はついてなさそうでしたけど)

 

その後メールが時々来て食事のお誘いもありましたが、

結婚を考えたお付き合いがあまりイメージできない人だったので、お断りしました。

友人の方も友達としては良さそうだけど、お付き合いはちょっと違う・・ということで終了したそうです。

 

 

婚活デビューを終えて

はじめての婚活パーティはわからないことだらけで、当日はかなり混乱していましたが

振り返ってみると結構楽しかったと思います。

いろんな人と話せるのは楽しいです。

ただ、ひたすら喋り続けて、ずっと笑顔でいないといけないので

帰宅後は爆睡するほど疲れました。

 

婚活パーティは1回目で感覚を掴み、2回目以降からが本番なのだと思います。

メモの取り方や会話の持っていきかた、どういうところを褒めると良いかなど

1回目でいろいろ気付きもあったので、その反省を踏まえて2回目の参加へと続いていきます。

 


<スポンサードリンク>

***************************************
↓ランキング参加しています!1日1ポチ☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 2018年11月9日

    […] 【はじめての婚活】始めた理由。パーティ/婚活サイト 【はじめての婚活】婚活パーティデビューのレポ(前編) 【はじめての婚活】婚活パーティデビューのレポ(後編) […]

  2. 2018年11月10日

    […] 【はじめての婚活】婚活パーティデビューのレポ(前編) 【はじめての婚活】婚活パーティデビューのレポ(後編) […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です