【洗濯物】生乾きの臭い。実践した臭い対策とその効果

Pocket

今年の関東は梅雨よりも秋の長雨が多く、ずっとじめっとしていますね。

洗濯ができないだけでなく、家の中がどんよりした空気になってしまうのが本当に嫌です。

部屋干しだとすっきりしないし、服が湿っぽいだけで何となく臭ってくるような気がしてしまいます。

 

 


<スポンサードリンク>

 

 

洗濯物の悩み

洗濯物の悩みの一つといえば、やはり「臭い」ではないでしょうか。

クサいではなく、ニオイです。

そうです、生乾きの臭いです。

柔軟剤の香りがぷんぷんも困りますが、生乾きの臭いの強烈さに比べたら柔軟剤なんてまだ可愛いものです。

 

部屋干ししたら、一応乾いたはずなのになんか臭う・・

外干しして乾いたのに、水にぬれたらまた臭ってくる・・

 

あの憎い臭いは少したりとも臭わせたくないですよね。

自分が臭いだけでなく、電車や社内で周りに迷惑をかけてしまいますから、

臭い対策は全国民に義務付けて欲しいくらいです。

でもそれはきっと無理でしょうから、自分の家族だけでも臭わせないように対処をしています。

 

今回は私が実践した対策と、それぞれの効果がどのようなものかをご紹介します。

※全て個人の感想です

 

洗濯物の生乾きの臭い対策

そもそも何故服が臭うのかというと、

生乾きの臭いの原因は衣類の繊維に残った皮脂や汚れ、乾ききらずに残った水分、

それらに雑菌が増殖してしまうことで悪臭を発生させてしまうのです。

その雑菌は人の皮脂や角質、汗の成分を餌にして増殖するため、直接体を拭くタオル等が臭くなりやすいのです。

つまり雑菌がいなければ臭わない、ということは

その雑菌を除去する、または増殖させない、これが臭い対策の大元になります。

①熱湯で煮る(煮沸消毒)

一般的に言われる臭い対策の「熱湯で煮る」です。たしかに効果は感じられます。

熱湯で何故臭いが取れるのかというと、衣類についた雑菌は熱に弱いからです。

雑菌は20度~40度程度の温度を好むので、それ以上の高温で洗濯物を煮る(つけ置きする)と

雑菌が死滅して臭いがとれるのです。

 

▶いいところ

購入するものもないのでお手軽

臭いはしっかりとれる

▶いまいちなところ

一度に大量の洗濯物を熱湯につけるのは難しい

火傷の危険がある

衣類の生地が傷みやすい

 

いいところは何といっても簡単なところなのですが、大量の洗濯物が洗えるほどの熱湯を用意するのは大変だし

熱湯だと生地が傷みやすくなります。タオルがごわごわになってしまったことがあります・・

フェイスタオル等の小さい物数枚の時はこの方法をやりますが、普段の洗濯の時には取り入れてはいません。

 

 

②酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)

「酸素系漂白剤」とは、水に溶けると過酸化水素と炭酸ソーダに分解され、この分解で発生した酸素で雑菌を消毒する漂白剤のことです。

家ではシャボン玉石鹸の酸素系漂白剤を使用しています。緑色のパッケージのものです。

除菌だけでなく漂白(色物も可)にも使えて、塩素系ではないので塩化ガスも発生せず安全で環境にも優しい。

酸素系漂白剤は普段使いができる漂白剤なのです。

 

▶いいところ

環境にやさしく臭いもとれる

生地も傷みにくい

衣類以外の漂白消毒にも使える

▶いまいちなところ

寒い時期だと溶け残ることがある(分量が多すぎるのかも)

お湯でつけ置きしないと臭いは完全にとれない

 

いいところはとにかく安心安全なところです。が、肝心の臭いについては

しっかりとお湯でつけ置きをしないととれないような感じがします。

通常の選択に混ぜるだけだと、いまいち効果は薄いような気がします。

でも気にいっているので使い続けます。

 


<スポンサードリンク>

 

③市販の防臭効果が高いといわれる柔軟剤

今はどの柔軟剤でも「防臭効果」を謳っていますが、柔軟剤でどれほどの防臭効果があるのでしょうか・・

新品の服を、臭いが付く前に防臭効果ありの柔軟剤で洗っていれば、

臭いが付きにくくなるのかもしれませんが、一度臭いがついてしまったものを取ることは難しそうでした。

▶いいところ

通常の選択の流れの中で対策ができる

いろいろな種類が選べる

▶いまいちなところ

一度ついた臭いにはほとんど効かない

臭いに香りが混ざるととんでもないことになる

 

「防臭」と書いてあるにも関わらず、柔軟剤自体の香りがきついものが多く

柔軟剤は柔軟剤として使う、それ以外の効果は求めないことが一番だと思いました。

 

 

④逆性せっけん

こちらつい最近nanapiで紹介されていて、初めて知ったのですがとても良かったです。

紹介されていたのはオスバンSという商品です。

逆性石鹸とは汚れを落とす力はなく、殺菌の力だけがある陽イオン界面活性剤とよばれるもののことで、

見た目は保健室などにありそうなボトルで可愛くはないのですが、その分実力派といった感じです。

食品衛生の場でも使われているとても殺菌力の高いものだそうですが、

皮膚に着いたらすぐに洗い流すなどの取り扱いさえ気を付ければ危険なものではありません。

 

▶いいところ

殺菌力が高く臭いがとれる

薄めて使うのでコスパはいい

生地が傷みにくい

▶いまいちなところ

生地は傷みにくいが色落ちする可能性がある

洗剤と一緒に使うと効果がない

皮膚につくと肌が荒れる場合がある

 

つけ置きにも使えるので、酸素系漂白剤と似たようなものですが、

こちらは洗剤と一緒には使えないので(殺菌効果がなくなる)、使用する場合はすすぎの時に使用します。

洗濯以外の消毒にも使えるので、家に1つ常備しておくと良さそうだと思いました。

ただ。分量を量れる蓋が小さいので、100均で計量カップを購入して洗濯専用として使うのがいいと思いました。

 

 

 

 

⑤乾燥機

これも①と同じく熱で雑菌を死滅させます。

我が家には乾燥機がないので、近くのコインランドリーの乾燥機に持って行きます。

※コインランドリーについては別記事に書きます

 

▶いいところ

臭いが取れる上にふわふわになる

しっかりと中まで乾燥できる

他の大物も一緒に乾燥で熱消毒できる

▶いまいちなところ

コインランドリーに持っていくのが大変

毎回お金がかかる

 

臭いがとれるだけでなく、ふんわりとした触感になって、数十分で乾くので

コインランドリーの乾燥機は忙しい共働き夫婦の強い味方です。

大体10分100円、量にもよりますが30分ほど乾燥にかけるので毎回300円。

洗剤等を購入するよりずっと高くつきますが、乾燥機にかけると仕上がりが気持ちいいので

たまにタオル類をまとめて持って行って乾燥機にかけています。

 

おわりに

今のところ、我が家では酸素系漂白剤と、最近からは逆性せっけんを気分によって使い分け、

定期的にコインランドリーの乾燥機にかけにいく、

というやり方で落ち着いています。

もう少しすると空気も乾燥してくるので、生乾きの臭いはしばらく発生しないとは思いますが

今後も臭いには気を配って、快適な服を着て過ごしていきたいと思います。

 


<スポンサードリンク>

 

***************************************
↓ランキング参加しています!1日1ポチ☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です