【共働きの家計簿】目指せ年間500万貯金!その2:コツコツ貯蓄(500円玉貯金)

Pocket




目指せ年間500万貯金その2です。

あまりタイトルに合った内容ではないかもしれませんが、シリーズとして家計のお金について書いています。

この「年間500万貯金」というワードが気になるのか、結構この記事を見に来てくださる方が多いようですね。

皆どれくらい貯金してるのか、気になるけどそう気軽には聞けないですよね~

 

今回は毎月の貯金ではなく、ちょっとした額をちょこちょこ貯める

コツコツ貯蓄

として実践していることを書いていきたいと思います。

 

ちょっと違う視点で節約についても書いていますのでこちらもよろしければどうぞ。

 

 

毎月の貯金

毎月の貯金とは、毎月月〇万円を貯蓄用口座に入れて貯めることを言います。

我が家で言えば、毎月私の収入のほとんどを貯金に回していて、これが毎月の貯金になります。

月の収支で余った分を貯金・・という方式ではないので、

いつくらいまでにはいくら貯まっているという見立てが立てやすいのがいいところです。

 

この貯金は大きなイベント(今後で言えば子供が出来た時とか車を買う時とか)に使う用で

普段の生活では基本的には手を付けません。

額が大きくなって来たら投資に回すかもしれませんが、今のところ口座にいれたままです。

 

この貯蓄用口座は簡単には使えない状態になっているので(といってもカードをしまい込んでいるだけ)

割れない貯金箱のような感じで毎月貯めていっています。


<スポンサードリンク>

 

貯金方法はそれだけ?

貯金は毎月定額の分だけしかしていないかというと、そんなことはありません。

貯金と言えるほど額は大きくありませんが、小さなお金もちょっとずつ貯めるようにしていっています。

 

その方法とは、ずばり

500円玉貯金

 

大したことなくてすみません。

ですが、500円玉貯金って意外と貯まるのでおすすめです。

 

500円玉貯金とは

どういうものか

簡単です。お財布にある500円玉を貯金箱に入れていくだけです。

入れて良いのは500円玉だけ。

小銭貯金とはまた違います。

 

100均でも500円玉貯金用の貯金箱売ってることありますよね、

入れ物は何でもいいですがあまり大きすぎると途中で挫折するかもしれないので、小さい貯金箱で貯めては出して貯めては出してを繰り返した方がいいと思います。

 

何故効果的なのか

500円玉貯金をやっている=収入が増える

ではもちろんありません。

 

これは実体験で感じたことなのですが、500円玉貯金をやっていることで

お財布の中の500円玉を探すようになります。

あえ500円玉を作るように買い物をすることもあります。

 

それぞれご説明していきます。

 

お財布の中の500円玉を探すようになる

500円玉しか貯金箱に入れられないので、必然的に500円玉が必要になります。

なのでお財布の中に500円玉がないか買い物の度にチェックするようになります。

 

お財布の中をチェックする⇒お財布にどれくらい入っているかが目に入るので

無意識のうちに使い過ぎにブレーキがかかるようになる、と思っています。

 

実際に支払い時にお財布を見て「500円玉がないな」と思うと同時に、「あれ昨日までもっと小銭入っていたのにもう全然ない」と思ったことが多々ありました。

日々いくら使ったのかまでは確認していませんが、

何となく減っている⇒無駄に買うのは控えよう、と思えるので結構効果はあるのではと思います。

 

500円玉を作ろうとする

500円玉が欲しいので、買い物をするときもなるべく500円玉がでるように支払いをするようになります。

スーパー等でたくさん買う時は考えていませんが、

ドラッグストアやコンビニでちょっとしたものを買う時には無意識のうちに500円を超えないように考えて買うようになります。

またお財布に500円玉が入ってる場合、その500円玉を貯金する為に使わないようになるので、無駄なちょっと買いがなくなります

 

もちろん必要な時は500円を超えることも、500円玉を使うこともありますが、なんとなく500円玉を作ろう、残そうという意識が働くので、少額の無駄使いが減っていきます。


<スポンサードリンク>

500円玉貯金のいいところ

500円玉貯金の良いところは、少額の貯金がちょっとずつできることはもちろんですが、

他にもいい点があります。

私が考えるお金が貯まること以外の500円玉貯金のいいところは、この2つ。

 

 ①ちょっとしたことに使える小銭が家に溜まる

 ②開ける瞬間の楽しみが出来る

 

貯めてるのに使っちゃうの?という感じですが、我が家では家計を月末精算制にしているので

清算時に500円玉って使うことが多くて、

その他にもなんだかんだ500円玉が必要になることも多いので、

そういう時に困らない為にも500円玉のストックがあると役立ちます

 

開ける瞬間の楽しみは、もうそのままです。

500円玉貯金は枚数が少なくても1枚500円ですから、小さい貯金箱でも結構な金額が貯まっていることがあります。

我が家では手のひらサイズの豚の貯金箱に500円玉を入れていっていますが、

半分くらいで3万以上貯まっていました。

 

おわりに

今回はコツコツ貯金の1つとして500円玉貯金を取り上げました。

すごく頑張っている貯金法ではありませんが、ちょっとしたゲーム感覚で楽しみながらやっています。

この貯金は何か目的があっているわけではないので、ある程度貯まったら美味しいものを食べたり

ちょっと遊びに行ったりするのに使っています。

 

日々コツコツとちょっとした楽しみの為に貯めていく

簡単にできるし続けやすいので、是非みなさんもやってみてくださいね。


<スポンサードリンク>

 

あわせて読みたい