【結婚式】色打掛の柄には意味がある。季節は気にしなきゃダメ?乃木會館衣装室の試着写真(東京乃木神社)

Pocket




東京赤坂にある乃木神社(乃木會館)での結婚式準備~当日までのレポです。

今回は初回打合せ後の衣装選び1回目の話しの補足記事です。

 

着物の文様には意味がある

私たちはダブル和装コースだったので、白無垢と色打掛を着ました。

普段気慣れない着物の試着は毎回とてもドキドキでした。

白無垢はただ白いだけで大体同じかと思っていましたが、

ちょっと生成りっぽい色だったり縁が赤い「赤ふき」だったり、着てみると全然印象が違って面白かったです。

また色打掛は色だけでなく模様も様々で古典的な柄から斬新な柄までありました。

 

ところで、この打掛の柄には一つずつ意味があるということをご存知でしょうか?

それぞれの文様にこめられた意味。それを知るとまた違った視点から衣装選びが出来るので、

今回は打掛で定番の柄を1つずつご説明していきたいと思います。※意味には諸説あります


<スポンサードリンク>

日本を代表する花、

豊作を祈る場に必要不可欠なものとして豊作祈願、神様が宿る木として神聖なものという意味を持っています。

また、季節の始まりの春に咲くことから新しい門出を意味する柄でもあります。

枝や幹まである柄だと春に適した柄になりますが、季節問わず着てもOKな柄です。

 

桜柄の意味:豊作の願い、新しい門出

左側にピンクと白の桜。鶴もいてTHE日本のお祝い! という感じ。

これも桜が使われていました。ゴールドに近い明るい黄色。

 

は逆境にあっても節操を守る例えとされ古くから愛されてきました。

厳しい冬が過ぎた春一番に美しい花を咲かせることから、「忍耐力」と「美」の象徴でもあります。

「梅」=「産め」ということから、安産祈願を意味する模様でもあります。

 

梅柄の意味:忍耐力、美しさ、安産祈願

全体的に梅。ベースの色味と緑でちょっと秋っぽい雰囲気。

 

牡丹

古くからおおぶりで豪華絢爛な姿で多くの人々を魅了してきた牡丹

小さな蕾から大輪の花を咲かせることから、牡丹の柄は「富貴」を象徴しています。

また牡丹の「丹」は、「不老不死の仙薬」を意味することから、不老長寿という意味も持っています。

 

牡丹の意味:幸福、富貴、不老長寿

これはすごい華やかな色打掛でした。大柄ではっきりした色合いの牡丹。

ちょっと洋風な雰囲気もある真っ赤な色打掛。

 

御殿毬(ごてんまり)と呼ばれる。蹴毬が起源でしたが、次第に遊び道具から装飾品となっていきました。

刺繍や色の美しさを競うように作られ、日本の伝統工芸となったものです。

嫁ぎ先での満ちたりた生活、穏やかで平和な日々を祈るおめでたい文様として古くから親しまれています。

 

毬柄の意味:満ちたりた生活、穏やかで平和な日々を祈る

 

※毬の柄の写真は牡丹1枚目にあります。


<スポンサードリンク>

花車(御所車)

花車は四季折々の華やかな花を、御所車(貴族の乗り物)に乗せて運んでいる文様です。

花を乗せずに御所車としての文様もありますがどちらも意味は同じようです。

色とりどりの花が、これからの二人の満ち足りた幸せな生活を表現しています。

 

花車柄の意味:幸せな生活、富と華やかさ

当日着た色打掛です。花車の黒がアクセントになってて良かったです。

 

 

は一羽の伴侶と一生を添い遂げる鳥であり、それになぞらえて夫婦が長く連れ添うようにとの願いが込められています。

婚礼衣装で「鶴」を用いる時には、必ず二羽以上描くように決められています。

また一般的に鶴は長寿の象徴ですので、長寿の縁起物としても描かれています。

 

鶴柄の意味:長寿、夫婦の絆

鶴がいるだけで、ぐっと古典的な柄に見えてきます。この色打掛落ち着いた色味で好きでした。

こちらは白無垢に鶴がいます。白地に白の鶴、可愛いというよりかっこいい雰囲気ですね。

 

扇・檜扇(ひおうぎ)

はその形が優美なこと、また、十二単を身にまとった位の高い人しか持つことが出来なかったものであったことから、富の象徴としても用いられます。

広げた形が「末広がり」になることから、縁起の良い模様として好まれてもいます。

 

扇柄の意味:豊かさ、富の象徴

大きく扇が描かれています。この色打掛だとちょっとカジュアル感がある気もしますが可愛いです。

 

流水

流水は小川を表したものです。水の文様は古くからありますが、流水文はその中でも最も古いものの一つと言われています。

形を持たない水なので 文様全体に動きがあり、大胆な構図で用いられることが多いのも特徴です。

他の文様と組み合わせて、優美にも勇壮にも表現できるので多く用いられている文様です。

 

流水柄の意味:優美、勇壮

これはかなり個性的な色打掛でした。全体が大きな流水文でその中に様々な柄が描かれています。

 

おわりに

色打掛の定番柄の意味をいくつかご紹介してきました。

私が試着した写真の中にある文様のみを挙げましたが、他にも几帳(きちょう)、松竹梅、菊など

様々な縁起が良く華やかな文様が多く使われています。

 

本来着物は季節にあった(少し季節を先取りした)柄の着物を着ることが粋なこととされていますが、

色打掛では様々な柄が混在していることが多いので、色合いや余程特徴的な柄でなければ

どの柄をどの季節に着ても大丈夫です。

結婚式ですから、自分の気に入った好きな色打掛を着るのが一番ですね

 

 

白無垢もご紹介したいところですが、写真だとどれも同じにみえてしまうので

是非衣装室でいろいろ試着をしながら、どんな柄があるかを見てみてくださいね。


<スポンサードリンク>

あわせて読みたい