心身を清める1年の締めくくりに!乃木神社の大祓式に参列。式の流れや参加するメリット等

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

 

さて、今日は新年一発目ということで、新年を迎えるにあたって私たち夫婦が年末に行うことの一つ。

大祓式(大祓祭)についてを書いていきたいと思います。

簡単にいうと、その1年間の罪や穢れを落とす為の除災行事で、神道の儀式の一つです。

結婚式を挙げた乃木神社の大祓式に毎年参加しているので、どのような感じかを順を追ってご説明していきます。




 

大祓式(おおはらえしき)とは

大祓とはなにか

大祓は「おおはらえ」または「おおはらい」と読みます。

大祓式(大祓祭)と呼ばれ、毎年6月30日と12月31日の大晦日に2回行われます

神社によって行う日は異なるかもしれませんし、

一般の参拝者向けにはやっていない神社もありますが

基本的には神道の行事なのでどこの神社でも行われるものです。

 

この行事は、記紀神話に見られる伊弉諾尊いざなぎのみこと禊祓みそぎはらひを起源とし、宮中においても、古くから大祓がおこなわれてきました。中世以降、各神社で年中行事の一つとして普及し、現在では多くの神社の恒例式となっています。

神社本庁 大祓について

 

6月の大祓を夏超(なごし)の祓と呼び、12月を年越の祓と呼びます。

6月の大祓は身についた半年間の穢れを祓い無病息災を祈り、

12月の大祓は新年を迎えるために心身を清めるという意味があります。

 

茅の輪くぐりが有名

大祓と聞いてもピンとこないかもしれませんが、茅の輪くぐりと聞けば

「あ~あれね」と思う方も多いかと思います。

こういうやつです↑

 

境内に設置された大きなわっか。

茅(ちがや)で作られた輪っかで、そこを作法通りにくぐれば、穢れや罪を落として無病息災でいられるといわれています。

茅の輪くぐりは6月の夏越の祓の時に行われることが多いので、夏の神社に行くとよく設置されていますね。

 

因みにこの茅の輪くぐりで使われている茅(ちがや:イグサのような草)、縁起が良さそうだから持ち帰ると、

茅の輪くぐりをした人が落とした厄災を持ち帰ることになるので止めましょう。


<スポンサードリンク>

人形代(ひとがたしろ)が大事

大祓で重要な役割を持つのが、人形(ひとがた)と呼ばれるもの。

人の形をした紙を神社から頂き、名前を書き、人形に息を吹きかけたら身体(の悪いところ)に撫でつける。

そうするとその人形に穢れや罪が移るので、

その人形を川や海に流すまたはお焚き上げすることで穢れが落ちて心身が清められるのです。

 

この人形は人間だけでなく、車や自転車、ペットの形をしたものもあり(神社によってはないかも)

それぞれの厄落としをすることができます。

 

乃木神社の大祓式

では、ここからは乃木神社の大祓式に参加した時の様子を書いていきます。

私たちは乃木神社で結婚式を挙げたので、毎年乃木神社の大祓式に参加しています。

乃木神社

 

乃木神社の大祓式とは

大祓式が行われるのは12月31日の大晦日、15時から。

私たちは結婚式を挙げたからか毎年6月と12月の大祓式の案内が来ますが、

招待状が必要というわけでもないので、誰でも参加可能です。

人形も当日神社に行けば貰えます。

 

ただし無料ではなく参列には参拝料?がかかります。

一家族につき2000円からです。お気持ちでもあるようなので、もっと多く包んでもOKです。

(私たちは夫婦2人なので2000円をお支払いしてます)

 

当日参加できない場合は、事前に人形と乃木神社に送り、参拝料を振り込むという形でも大丈夫です。


<スポンサードリンク>

事前準備

人形代を準備します。

 

この紙に名前を書いて、1年の反省と祈りを込めたら、

体になでつけ息を吹きかけます。

これで私の穢れはこの人形代に移りました!

自転車や車も必要であれば準備します。

あとはペット。

犬と猫は形がありますが、他の動物の場合はどうするんでしょうね?

 

全て書き終わったら、このポチ袋サイズの袋に入れて当日持っていきます。

準備はこれだけです。

 

当日開始前

15時から大祓式が開始されます。場所は神社の境内。

持参した人形をお渡しする受付があるので、ぎりぎりではなく少し余裕を持って来る方が良いです。

今年は私たち15時5分前に着いたのですが、鳥居を超えるくらい受付に人が並んでいて、

受付を済ませて境内に入ったらすぐに大祓式が始まりました。ギリギリでした。

 

乃木神社入口の新年の飾り。

ここはフォトスポットになっていて、間に入って写真が撮れます。

12月のいつ頃これが設置されるのかわかりませんが、

ここで撮った写真は年賀状に使えそうですね。

 

受付を済ませると、一人一つずつ白い紙につつまれたものを貰います。

中には細かく切られた白い紙と、藁のようなものが入っています。

これは大祓式内で使うものですので、落とさないようにしましょう。

 

あとは一家族にひとつ、ミニ茅の輪が貰えます。除災招福。

これ結構可愛くて気に入っています。

 

大祓式がはじまる

今年は後ろの方にいたので全然何やっているか見えませんでしたが、

拝殿前で神職の方々が儀式を執り行い、参列者は合図に併せて礼をしたり、頭を下げたりします。

 

途中で、

「配られた袋の中身を使って、ご自身を清めてください」

という案内があるので、白い袋の中を全部出し、

左肩→右肩→左肩の3回に分けて自分にぱっとかけていきます。

この時かけた紙や藁が服につきやすいので、

超お気に入りの服やデリケートな素材のコート・マフラーは気を付けた方がいいかもしれません。

 

大祓式の最中はずっと外で立ちっぱなしなので、防寒対策はちゃんとすることをおすすめします。

ほとんどが日陰なので寒いです。

 

大祓式の流れはいまいちわかっていませんが、

拝殿外でのお祓いのような儀式が終了すると、今度は拝殿の中に入ってお参りになります。

ここは普段は一般参拝者は立ち入り禁止で、

こういった行事や結婚式でしか入れないので貴重だと思います。

ちなみに拝殿の中では撮影禁止です。


<スポンサードリンク>

大祓式終了後

式が終了すると、乃木會館で直会があるのでその会場へと移動します。

乃木會館4階の豊明という大きなお部屋です。

着席ではありませんが、テーブルがあって温かいお茶とおしるこを頂けます。

外で冷えた体にはとても嬉しい。

 

去年もここでおしるこ頂きましたが、去年はたまたまかお餅が入っていなくて

「え~」と思ったのですが、

今年は2人ともちゃんとお餅入りでした。良かった。

 

宮司のご挨拶があって、それを聞きながらもぐもぐ食べてして、ちょっと休憩したら帰宅します。

 

おわりに

乃木神社で結婚式をするまでは、茅の輪くぐりは知っていたけど

大祓式という存在は全く知りませんでした。

そこから毎年大晦日に大祓式に行くようになって思うことは、

大祓式に参加することで綺麗に1年の締めくくりができるようになった気がする

ということです。

 

あっという間に1日1か月が過ぎていく中で、何もしないと何となく年末が過ぎお正月が過ぎ・・

となってしまいがちですが、

ちゃんと節目として1年を振り返って新年への気持ちを新しく持てる機会ができたこと

すごく良いことだと感じています。

 

大祓式はあまり馴染のない行事かもしれませんが、

ご興味のある方は是非、年末に参加してみてはいかがでしょうか。

 

心身共に綺麗になったので、

また今年も1年いろんなことにチャレンジしながら頑張っていきたいと思います。

皆様にとってもより良い1年になりますように。


<スポンサードリンク>


あわせて読みたい