乳がん検診は恥ずかしくない!30歳過ぎたら検診へ。超音波とマンモグラフィの体験談

いきなりですが、女性の皆さん。

毎年婦人科検診は受けていますか?

今は市や企業で検診の助成があるとこも多いし、検診を受けようキャンペーン等もあるので

以前よりは受診されている方は多いかもしれませんね。

 

もしまだ受けたことがない・・という方向けに、

どのような流れでどういう検査が行われるのか

今回は乳がん検診にフォーカスを当てて、私の体験談をお話ししたいと思います。


<スポンサードリンク>

乳がん検診とは

乳がんを早期発見、早期に治療を始め、乳がんによる死亡率を減少させることが目的の検診です。

乳がんというとしこりのイメージですが、

早期の乳がんはしこりもわかりづらく、

セルフチェックで見たり触ったりしても発見することが難しい為、

医療機関で行う乳がん検診で、マンモグラフィ検査超音波検査(エコー)を受けることが推奨されています。

 

触診

直接触って、しこりがあるかどうかを確認します。

セルフチェックとしても行う方法ですが、ある程度の大きさがないと判別することは難しく

触診のみで早期発見するのは困難だと言われています

 

超音波検診(エコー)

触診だけでは判別しづらいしこりを発見することができます。

検査による痛みはありませんが、石灰化は発見しにくいのが欠点です。

また医師の技量差にも左右される為、超音波だけで乳がん検診は完結させることはできません。

乳腺が多い若い世代向けの検診方法です。

 

マンモグラフィー検診

広範囲に読影が可能で、

微細な石灰化の段階の腫瘍を発見することができます。

石灰化の箇所があると、撮影された写真に光る点として写ります。

多少の痛みを伴うこと、また少量ではありますが被ばくの問題もあります。


<スポンサードリンク>

何歳から受けるのがいいか

ボーダーラインは30歳

乳がん検診は、30歳以上からの検診が推奨されています。

というのも若いうちはまだ乳腺濃度が濃く、マンモグラフィーを受けても乳がんが発見できないことが多い為。

地域によっては40歳以上からが検診の対象となるところもあるようです。

 

ただし血縁者に乳がん患者がいる場合

血縁者に乳がん患者がいない場合に比べて、若い世代でも乳がんにかかる可能性が高い為、若い世代への検診呼びかけも行われているようです。

 

ネット上では20~30代前半は毎年の超音波検査と毎月のセルフチェックで問題がない

と書かれているものも多くあります。

マンモグラフィによる被ばくを問題視しているところもありますね。

でもだったら毎年健康診断でレントゲンを撮る人はどうなんでしょう?

 

検診を受け始める年齢はその人の考え次第ですが、

私が言われたのは下記の年齢でした。

 

遅くとも35歳までには検診を

私の受診したクリニックの先生は乳腺の専門家で、

その先生曰く

35歳を過ぎると乳がんの羅患率は急に上がる

なので、どんなに遅くとも30代半ば頃からは定期的な検診を受ける必要があります。

 

乳がんは早期発見できれば命にかかわることなく治療することも出来るので、

毎年の定期健診と、どの世代でも毎月のセルフチェックは必須です。

 

私の乳がん検診歴

早くて30歳、遅くても35歳から乳がん検診を受けた方がいい、というのはわかりました。

では私はいつから乳がん検診を受けていたかというと・・

27歳

です。

比較的早い年齢で検診を受け始めました。

 

理由

私の血縁者には乳がん患者はいません。

数世代前の血縁者にもいません。

では何故20代のうちから検診を、しかも自費で受け始めたのか。

(私の市では乳がん検診の助成は30歳以上、会社の助成も35歳以上でした)

 

それは、割と身近な方が

若くして乳がんにかかり、40歳目前で亡くなったからです。

 

その時私は20代半ば。

全然婦人科検診なんて受けたことも考えたこともありませんでした。

でも、身近でそういった方がいて、

何だか他人事ではないなという気がして、

それ以来ちょっと年齢は早いですが毎年受けるようになりました。

 

検査内容

20代のうちは超音波のみ、

30代に入っても超音波のみでしたが、

今年ついにマンモグラフィーを受けてきました。

 

「年齢的にもそろそろ1回はマンモやった方がいいね」ということで受けたのですが、

幸い今のところ何も問題は見つかっておらず、

それどころか石灰化のかけらすら見られず、綺麗ですねと褒められました。




体験記

ここからは実際に私が受けたクリニックでの乳がん検診の体験記を書いていきます。

流れや時間はクリニックによって異なりますが、

基本的に検査内容はどこも同じだと思います。

 

今回はマンモグラフィー超音波の両方をやった体験記になります。

 

受付

まず(当たり前ですが)クリニックについたら受付をします。

婦人科系のクリニックは結構混むところも多いですから、

予約できるところなら予約した方がいいですね。

 

初めてだと不安で、夫や彼氏についてきてもらいたい・・と思うかもしれませんが、

そのクリニックで受診できる科の種類によっては、

周りの方が不快に思う可能性もあるし、男性の入室NGのところもあります。

婦人科系クリニックは、検診だけでなくとてもデリケートな内容を扱う場所でもあるので、

出来る限り1人で行くのがいいでしょう。

 

着替え

着替え室に案内されて、検診用の服に着替えます。

乳がん検診だけの場合は上半身だけの着替えになるので、

ワンピースではなく上下セパレートの服を着ていくのをおすすめします。

 

着替える際は、ブラジャーやネックレスなどもすべて外します。

レントゲン写真と同じ感じですね。

ここでの私のおすすめは、着るのも脱ぐのも楽なブラトップを着ていくことです。

(面倒で最近いつもブラトップだなんて言えない・・)

 

私の行ったクリニックは更衣室が個室で鍵をかけられるようになっていますしたが、

大きい更衣室の場合、

万が一鍵をかけ忘れると盗難が起こる可能性も考えられるので、

高価なアクセサリーはしていかない方が安心かもしれませんね。

 

検診:マンモグラフィー

着替えが終ったらさっそく検診が始まります。

まずはマンモグラフィー

レントゲン室のような部屋に案内されます。

そこからは放射線技師の方に言われるがまま・・という感じでした。

 

マンモグラフィーでは胸をつぶして機械に挟んで、レントゲン写真を撮るのですが

技師の方が

「おっぱい寄せますね~」

といってぎゅっと寄せて平らにつぶしたら、上から機械が降りてきてそのまま胸が挟まれる

という風になっています。

 

マンモは痛いと聞いていましたが、確かに痛かったです。

 

でも、ぎゅっと押しつぶされるような痛みなので

チクチクするとか、我慢できないような痛みではないので安心してください。

ちゃんと専門の方が専門の機械で検査をしていると思えば怖くはないと思います。

 

縦方向と横方向から写真をとるので、左右片方ずつで合計4回挟まれます。

4回だけ我慢しましょう。

 

もしかしたら胸のサイズが大きい小さいで痛みが違うのかもしれません。

私は右より左の方が小さいのですが、

「左の方がちょっと痛いかもしれませんが我慢してくださいね~」

と言われました。

実際ちょっと左の方が痛かったかな。

 

検診:超音波

次に触診超音波検査です。

超音波なのでジェルのようなものを塗って機械を滑らすので、

くすぐったいというか、冷たいというか

あまり楽しいものではありません。

 

この時医師は超音波で見えている画像を見ているので

まじまじと胸を見られるということはありません。

触診では見られると思いますが。

 

もし男性医師だったら恥ずかしい・・

と思っている方!

これは検診で医師は何百何千人の患者を診ているわけですから

恥ずかしいと思うこと自体失礼だし、無駄です。

無になっていきましょう。

 

私の行ったクリニックの先生は、

画像を見ながら「ここがこうで~」と説明しながら進めてくれました。

素人目には何が何だかわかりませんが、

ちゃんと見てくれている感があっていいですよね。

 

ちなみに、触診(セルフチェックでもできる)は

胸を上下左右に手で挟んでちょっとスライドさせてチェックするのがいいようです。

触るだけだと場所によっては気が付きにくいこともあるので、

そうやって挟んでチェックした方がわかりやすいそうです。

乳がんのしこりは骨のように固いので、セルフチェックでもわかると言っていました。

 

終了

最後に着替えて終了です。

私は特に問題がなかったのですが、

気になる点が見つかった場合はここで詳細な説明等がされるのでしょう。

 

混み具合にもよりますが、大体受付~終了までで30分もかかりませんでした。


<スポンサードリンク>

おわりに

最近では乳がんを公表する芸能人も多くいます。

それによって多くの方が関心を持ち、乳がん検診を受けるきっかけになっていると思いますが

若い芸能人が乳がんになったからもしかして私も・・

むやみに心配をする必要はありません

 

でも、若いうちから自分の体とちゃんと向き合って、

適切な時期適切な検診を受けていれば、最悪の結末は免れる可能性は高いです。

私にはまだ早い

めんどくさい

恥ずかしい

なんて思わずに、定期的な検診セルフチェックは行うようにしましょうね。


<スポンサードリンク>


あわせて読みたい