神楽坂で見つけたノンアルコール甘酒!スッキリ飲みやすくて美味しい。手土産にもおすすめ。

2019年が始まってもう1か月が終ろうとしていますね。

ちょうど1か月前は、お正月

昔ほどやお正月らしいことをする家は減ってきているとはいえ、

お正月くらい、いつもとちょっと違うことをしたいし、

ちょっと良いものを食べたり飲んだりしたいですよね。

 

というわけで、今日は私が

お正月用に購入した甘酒が、すっごく美味しくて飲みやすかったので

それをご紹介をしたいと思います。


<スポンサードリンク>

神楽坂甘酒

今日ご紹介したいのは、

のレンMURO神楽坂店というお店のオリジナルの甘酒です。

 

その名もズバリ、神楽坂甘酒

画像引用:のレンMURO神楽坂店

お砂糖や添加物が入っていないのに、ほのかに甘くて、すっきりとした上品な味。

甘さはお米本来の甘味で、昔ながらの麹の甘酒で、

飲み口はサラサラしていて、夏でも飲めるくどくない味です。

 

そしてこの神楽坂甘酒、甘、ではありますがノンアルコール!

お酒の弱い方、子ども、妊婦さんでも安心して飲めるので

家族皆で楽しめます。

 

中身はたしか大分の方の甘酒って言ってたかな・・忘れちゃいました・・

 

サイズと値段

値段とサイズをメモって来るのを忘れてしまったのですが、

大きさは3種類あって、

大中小のそれぞれ3タイプの瓶に入っています。

 

私は中サイズと大サイズを購入しましたが、

大サイズで1000円しないくらい、中サイズで650円くらいだったと記憶しています。

曖昧ですみません・・

 

大サイズは2人で飲んで、大体ひとりあたり3杯くらいの量です。

※コップのサイズによります

お正月バージョンなのか、メッセージカード付でした。

隣の玄米甘酒は、結構どろどろ系で全然タイプが違う甘酒でした。

 

パッケージ

パッケージは3サイズとも、ピンクのラベルに白字で「神楽坂甘酒」と書かれています。

もしかしたら季節によってラベルが変わったりするかもしれませんが、

年末に買った時も、このピンクでした。

 

透明な細身のガラス瓶、甘酒の白、ピンクのラベル・・

もう見た目からして可愛い!!

間違いなく女子受けする見た目です。

 

ちょっとした手土産やホームパーティなんかに持っていくと喜ばれるかもしれませんね。

また、ノンアルコールで健康にいい甘酒なので、年配の方への贈り物にもおすすめです。

私はお正月に実家に1本持っていきました。

 

手土産についてはこちらの記事もどうぞ

 

一番小さいサイズなら、中身は1~2杯分でガラス瓶も軽いので、

持っていく方も貰う方も気が楽でいいかもしれません。


<スポンサードリンク>

私と甘酒の出会い

飲んでびっくり

私がこの甘酒を知ったのは去年の夏。

ちょうどこの神楽坂甘酒が発売開始になってすぐくらいだと思いますが、

たまたま通りかかった時にお店を覗いて、試飲させてもらったのがきっかけです。

 

正直飲んでびっくりしました。

甘酒なのにすっきりさっぱり飲みやすく美味しい・・!!

 

それまでも甘酒は時々飲んでいましたが、

わりと濃い目だったり、どろっとした甘酒に当たることが多く

美味しいけどちょっと飲みにくいものもあるな・・というのが、それまでの甘酒の印象でした。

好きなんですけどね。

 

あまりにも美味しいし見た目も可愛いのですぐにお持ち帰り・・

とはならず、その日はそのまま移動予定だったので、

「絶対お正月に買おう」

と決めて帰りました。

 

もう一つ気になったもの

出会った時点でこれはお正月に買おうと決めましたが、実はもう一つこの甘酒シリーズで気になるものがありました。

それはプレゼント用にラッピングされた甘酒セット

 

一番小さいサイズの神楽坂甘酒が枡(マス)に入って、袋にラッピングされたもの。

サイズ感といい、見た目といい(たしかマスにも絵が描いてあった)すごく可愛くて、

「誰かのプレゼントにあげたい・・!」と強く思いました。

まだ今のところ誰にも上げていないのですが、今年は誰かにあげよう!


<スポンサードリンク>

のレン MURO神楽坂店

この神楽坂甘酒を販売しているのは、

のレンMURO神楽坂店

 

飯田橋駅方面から神楽坂に入ったすぐのところにあるお店です。

その名の通り、のれん(すだれ?)がかかっているのですぐにわかると思います。

 

そんなに大きいお店ではありませんが、

店内には甘酒をはじめとした発酵食品や、体に良さそうなものがたくさん並べられています。

 

麹を中心とした発酵食品と日本の調理道具を厳選し、日本の食文化に焦点を当てたコンセプトショップです。
かつて、米・味噌・醤油・酒などの荷揚地として栄えた食の街・神楽坂で、まだまだ知られていない発酵食品の魅力を発信していきます。

MURO神楽坂店公式サイトより

 

「私と甘酒の出会い」でも書きましたが、

奥の方にいくと、この神楽坂甘酒の試飲をさせていただくことができます。

おそらくいつもやっているはず。

夏は冷たい甘酒を、冬は温めた甘酒を試飲できました。

 

オンラインショップ

のレンにはオンラインショップもあります。

でも、今回ご紹介した神楽坂甘酒は神楽坂店オリジナルで限定品なのか、

オンラインショップには売っていませんでした。

 

気になる方は、是非お店へ!

MURO神楽坂店

 

アクセス

住所:〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1丁目12番地6号

営業時間:10:00~21:00(年中無休)

電話番号:03-5579-2910

 

東京メトロ「飯田橋駅」下車 B3出口出てすぐ。

神楽坂入ってすぐ右手にあります。

 

おわりに

甘酒の効果効能については触れませんでしたが、発酵食品は美容にも健康にもいいとここ数年話題ですよね。

美味しく飲めて、健康にも美容にもいい

もう飲まない手はありません!

 

私は日ごろから甘酒を飲むわけではありませんが、

あまりお酒を飲まなくなった今、

何かの節目にノンアルコールで飲めるちょっといつもと違うもの

として、見た目も可愛くて美味しいこの神楽坂甘酒はとてもいいと思っています。

これからも定期的に買っていきたい一品です。

是非みなさまも試してみてくださいね。


<スポンサードリンク>


あわせて読みたい