リンツのリンドールはバレンタインにおすすめ!ピック&ミックスで義理にも本命にも対応可。プレゼントにも最適です。

2月と言えば、バレンタイン

カップルだけでなく、お世話になった人、友達同士、自分へと、様々な思いを込めてチョコを贈りあう日ですね。

(商業的な話しは一旦置いておきましょう)

 

この時期にやるチョコレートの祭典、サロン・デュ・ショコラも大人気で、

有名なショコラティエのお洒落で美味しいチョコレートが大集結!

何を選ぶか迷ってしまいます。

でも、美味しそうで綺麗なチョコレートが数多くある中で、それらには目もくれず、

私が毎年夫にあげるチョコレートは決まっています

それは・・

 

リンツ(Lindt)リンドール

 

何故いつもこれを選ぶのか?

リンドールとはどんなチョコか。

おすすめの選び方贈り方と併せてご紹介します。


<スポンサードリンク>

リンツ(Lindt)

リンツリンドールも超有名で、

普通にバラエティショップでも一部チョコは売っているので知っている方も多いでしょう。

 

スイスの老舗チョコレートブランドで、リンツブランドの生みの親ロドルフ・リンツ(Rodolphe Lindt)が、

従来の硬いチョコレートとは全く異なる滑らかな舌触りのチョコレートを発明したことがはじまりです。

 

ここであまりリンツの歴史について語っても仕方ないので、詳細は下記公式サイトを見ていただければと思いますが、

とにかくリンツのチョコレートは滑らかでくちどけが素晴らしく良いんです!

リンツ・チョコレートオンラインショップ

 

リンドール(LINDOR)とは

リンツの中でも最も有名なチョコレートが、リンドール

5㎝くらいの球体のチョコレートで、見た目は大き目の飴玉のよう。

 

リンドール(LINDOR)は、
リンツ(Lindt)とフランス語で金(ゴールド)を表すオール(Or)を
組み合わせてつけられた名前です。
Lindorは、世界をリードするプレミアムチョコレートブランド リンツが作り出した、
まさに究極のなめらかな口どけのチョコレートです

引用:リンツ・チョコレートオンラインショップ

 

周りは普通の固めのチョコレート、その中に滑らかで柔らかいチョコレートが入っています。

1つで硬さの違うチョコレートが楽しめ、味も最高に美味しい!

見た目も可愛い!!

控えめに言っても最高のチョコレートだと私は思っています。

 

もちろんリンドール以外のチョコレート、板チョコやトリュフ、

リンツショコラカフェにあるケーキやショコラドリンク等

全てが美味しいのですが、

私はリンドールがイチオシです。


<スポンサードリンク>

おすすめの理由

リンツのリンドールが美味しくておすすめなのはわかっていただけたかと思いますが、

では何故、リンツのリンドールがバレンタイン(プレゼント)におすすめなのか

 

それは、

美味しい、可愛い

の他に、

気合いが入りすぎてないように見える

という点があります。

 

「気合いが入りすぎてない」といっても誤解しないでいただきたいのですが、

高級感あふれるいかにもなチョコレートをあげると気が引けてしまう

or

そんな頑張りすぎる必要もない間柄

の場合には最適だ、ということです。

 

見た目

『リンドールとは』で書きましたが、見た目は飴玉のようなチョコレートです。

1つずつが個包装で、飴玉のように包まれているのです。

中身はただの丸いチョコ。

これはミント味

 

よくある高級なチョコレートは、箱に入ったセットか1つずつ選んで購入するかのどちらかですよね。

それもそれで貰って嬉しいですが、

食べたい時に、食べたい分だけ袋から出して食べられる個包装になっている方が何かと食べやすいと思いませんか?

 

それに女性なら、綺麗で繊細なチョコレートも「可愛い!素敵!」となるかもしれませんが、

男性はチョコレートを見て、「綺麗!」と思う人は少なく、

見た目に拘りがある人はあまりいないのではないでしょうか。

むしろ変に凝ったものよりは普通に食べやすい方が好まれると思います。

 

なのでリンドールのように包装は可愛くて、中のチョコはつるんとしたシンプルな丸いチョコは

男性ウケも結構いいです(私の周りの男性調べ)

リンツ Lindt チョコレート バレンタイン リンドールクラシックギフトボックス20個入り【lindor リンドール チョコ お菓子 ギフト リンツチョコ 詰め合わせ バレンタインチョコ かわいい バレンタインチョコレート バレンタインデー 輸入 会社 職場 義理チョコ】

価格:2,500円
(2019/2/9 15:43時点)
感想(12件)

 

値段

セットになっている個数や入れ物によって値段は変わりますが、

リンドール自体は1個大体100円ちょっとです。

後で書きますがピック&ミックスというリンドールの量り売りでは、100g781円で大体7~8個です。

こないだ私が買った時も、21個くらいで2100円程度でした

(すぐに食べちゃったので正確な個数が分からず・・)

 

1個100円というと普通のチョコに比べればお高めではありますが、

1個500円くらいするチョコもありますからそれに比べればリーズナブル。

そして、ある程度の大きさもあるし、味も濃厚で1個で満足感も高いです。

 

1個100円を安いor高い、どう捉えるかは年齢や仕事の有無にもよりますが、

本命にコンビニの安いチョコはあげたくない・・

という場合でも

義理だからあまりお金をかけたくない・・

という場合でも

どちらにも使える価格ではあるので、とても便利です。

リンツ Lindt チョコレート リンドール 9種類50個入り ギフト ボックス|リンツチョコ リンツチョコレート お菓子 チョコ ギフト 誕生日 プチギフト かわいい バレンタインデー バレンタインチョコ バレンタインチョコレート 個包装 会社 職場 義理チョコ

価格:5,400円
(2021/1/3 23:06時点)
感想(230件)

↑のギフトボックス入りだと6種類12個で1620円、大体1個130円くらいですね。

入れ物も可愛いし、これくらいの値段なら友達同士へのプレゼントにもいいかも。




Pick & Mix(ピックアンドミックス)

ピック&ミックスというワードが出てきましたが、

リンツショコラカフェでできる、リンドールの量り売りがあるのが最もおすすめの理由です。

リンドールを好きな個数選んで買うことができるのです。

 

ピック&ミックスは、全てのリンツショコラカフェにあるわけではないのかもしれません。

アウトレットとコストコにもあるみたいですね。

私は直営店でしか買ったことないのですが、アウトレットの方がちょっと安いみたいです。

 

ピック&ミックスの良いところは

なんといっても

  • フレーバー(味)がすごいたくさんある
  • 好きな個数選べる

というところ。

 

ギフトボックスでもピック&ミックスでもリンドールはリンドールですが、

ピック&ミックスでは好きなフレーバーを好きな個数選べるし、ボックスには入ってないフレーバーもあるので、

リンドールを全種類楽しみたいならピック&ミックスを買いに行きましょう。

このナッツ入りリンドールはギフトボックスには入ってない・・はず

 

このピック&ミックスだと1個からリンドールを購入できるので、

義理チョコとして1個ずつ配る用に、

本命にはいろんなフレーバーでたくさんの詰め合わせを、

本命にも義理にも使えるのがいいところ。

 

また、バレンタイン以外にも

友人の誕生日プレゼントにリンドール数個つけてみたり

たくさん買ってお世話になっている人へ配ったり

自分のおやつとして買ったり

様々な用途で使うことができます。

無料の袋でも良い感じになるので、本当におすすめです。

ちゃんとした手土産ならこちらをどうぞ↓

 

ちなみに私の場合は、

夫がビターチョコが好きなので、70%カカオ、60%カカオ、ダークの3種類を少し多めにして、

それ以外はほぼ全種類を1個ずつ購入します。

見た目もカラフルになるので可愛いですよ。


<スポンサードリンク>

おわりに

私も20代の頃はいろんなお店やバレンタインフェアに出てくるチョコレートを買うのが好きでした。

いつもは買えないチョコがあるので、今でも見に行くことはあります。

でも、バレンタインやプレゼントであげるならもはやリンドール一択です。

 

味も美味しく、見た目も可愛く、値段も高くない

そして自分が自信をもって美味しいと言えるチョコであること

今後も私はリンドールを買い続けます。

食べたことない方は、是非一度食べてみてくださいね。トリコになっちゃうかもしれませんよ。


<スポンサードリンク>

あわせて読みたい