倹約家パワーカップルのお金の使い方。お金をかける判断軸は「無駄」!?

みなさんはパワーカップルという言葉を聞いたことあるでしょうか?

夫婦共働きで、それぞれが高収入のカップルのことを指す言葉で、生活に余裕があり、ある程度リッチな生活ができる層のことでもあります。

私たちはいわゆるパワーカップルに当てはまりますが、贅沢はあまりしない倹約家でもあります。

今日は倹約家パワーカップルのお金の使い方について書いていきたいと思います。


<スポンサードリンク>

パワーカップルとは

最初にパワーカップルについて確認しておきましょう。

パワーカップルの定義

パワーカップルには複数の定義があるようですが、

よく言われているのは下記3つの定義のようです。

 

  • それぞれが年収700万以上の夫婦
  • 夫が600万以上、妻が400万以上
  • 世帯年収が1000万以上

 

下2つは都内で正社員共働きなら当てはまる夫婦はかなり多いと思いますが…

私達夫婦がどれに当てはまるかはさておき、簡単に言うと

パワーカップルは収入が多く、生活に余裕がある夫婦』と言えるのでしょう。

 

とはいっても上を見ればきりがないので、

ここではそこそこ収入はあるけどお金持ちというほどではない「世帯年収1000〜2000万の夫婦」として話をしたいと思います。

 

購買意欲が高い層

このパワーカップルは、一番購買意欲が高くて

居住スペースにこだわったり

子供の教育にも力を入れたりと、

何かと購買ターゲットになりやすい層でもあります。

 

だからこそ、お金をどんどん使ってしまって

収入はあるのに全然貯金がない!

という世帯が多いのもこのパワーカップル層にありがちなようです。

家計見直しの相談事例でよくありますよね。

余裕があるからこそ、お金(家計)に対して無頓着になりやすいのかもしれません。

 

私たちは倹約家

では私たち夫婦もそんな感じで全然貯金もない・・かというと全然そんなことはありません。

私たちはパワーカップルでありながら倹約家でもあるので、

使うところは使って引き締めるところはお財布をキュッとしめて、メリハリのある生活を心がけています。

 

では、倹約家パワーカップルのお金の使いどころとその判断軸はなんなのか。

私たち夫婦を例に挙げてご紹介していきます。


<スポンサードリンク>

お金の使いどころ

お金をかけるところの判断軸ですが、簡単に言うと

無駄だと思うものにはお金をかけない

これにつきると思います。

上を見たらきりがない(お金をかけようと思えばいくらでもかけられる)ので、

「これにはお金をかけない」という判断軸を持っている方がブレーキがきいていいと思います。

 

旅行

私達がお金をかけるものの1つは旅行です。

平日は質素に暮らしている分、旅行ではあまりケチらないようにしています。

といっても、毎月海外旅行に行くとか、超高級ホテルで豪遊するとかではありません。

 

大体半年に1回くらいのペースで近場に旅行に行きますが、

宿泊先は少し良いところを選ぶようにして、気持ちよく過ごせるようなところを選んでいます。

 

ただ、お部屋を選ぶ際は部屋からの景色は重要視していません。

朝から夜まで遊びつくす派なので、お部屋からのんびり景色を楽しむという時間が短いからです。

景色が良いけどちょっと高いor景色いまいちだからちょっと安い

だったら後者を選びます。

 

多少お金に余裕があるからと言って、全てが最高級を選択する必要はないと思っています。

必要ないものにはお金を使わないという考えなので、

自分たちが納得できるラインのものが選べればそれでいいのです。

 

外食

平日は基本的に自炊なので、外食をするとしたら休日だけ。

ランチもディナーも外食することもあれば、ランチだけ外で食べることもあります。

 

外食にお金を使っていると言っても、普通にファミレスにも行くし安い食べ放題に行くことも多いんですが、

「あ、あれ食べたいな」

と思ってふらっとちょっとお高めのお店に行ったりできるのは、余裕があるからできることだなと思っています。

食べたいものがあるなら、値段は気にせずに選択する、

せっかくの休日の食事くらいはお金のことを気にせずに楽しく過ごしたい、という思いがあるので

外食にはお金をつかっても良し、としています。

 

ただ高いお店=絶対美味しいということでもないので、むやみやたらに高いお店に行こうとはしません

安くても高くても自分たちがその時に食べたいもの、楽しく時間を過ごせるとこ

を一番に考えて食事をする場所を選んでいます。

 

住居

住居と書きましたが、正確には住むエリアですね。

我が家は賃貸マンション。

結婚する時にマンション購入も考えましたが、結局購入には至らず、賃貸です。

広くはありませんが、中は綺麗で食洗器が付いているので最高のお部屋です。

 

部屋探しの際は部屋よりも住むエリアにこだわりました。

今住んでるところは便利なエリアで、家賃も安くはないです。

でも、私はどうしてもここに住みたかった!

私にとってはこのエリアに住むことは『無駄』ではなかったので、お金をかけてでもここがいい!と粘りましたね。

 

正直もっといいエリアでもっといい部屋を選ぶこともできましたが、

「良い部屋に住むこと」より「好きな街で暮らす」ことに重きを置きたかったので、住居にはお金をかけました。

 

人気エリアのお洒落なタワーマンションには興味はありません。

人から羨ましがられる部屋に住みたいとも思いません。

あくまでも判断基準は自分たち

私たち夫婦は、自分たちの満足度で物事、お金のかけるかけないを判断しています。


<スポンサードリンク>

おわりに

私たちはぱっと見、派手な生活もしていないし、質素だし、服はGUだし・・

全然余裕のあるパワーカップルには見えないと思います。

でもそれは自分たちが無駄で不必要だと思うことにお金をかけないだけで、生活自体はとても満足いくものだと思っています。

そして

無駄なものにお金をかけない倹約家だからこそ、余ったパワー(お金)をちゃんと貯蓄に回していけているのです。

 

お金のある人が使って経済を回さないと!

なんて言われることもありますが、無駄なものに使うためのお金ではないので、私たちはこの生活でいいと思っています。

今後ライフスタイルが変われば、またお金の使いどころも変わってくるでしょうしね。

全然まとめきれなかったので、別記事でもっと詳細を書きます!

今度はお金を使わないようにしているところについて!


<スポンサードリンク>


あわせて読みたい